パワコミ ロゴマーク

作品紹介

聖遺物とは
神話や伝承に登場する武具を指す言葉。
現在では製造不可能な技術の結晶であり、多くは遺跡などから発掘されている。
ノイズとは
13年前の国連総会にて認定された特異災害の総称。人間のみを襲い炭素転換する。
有効な撃退方法は無く、出現から一定時間後に起こる自壊を待つしかない。
シンフォギアとは
認定特異災害ノイズに対抗しうる唯一の装備であるが、その存在は現行憲法に抵触しかねないため完全秘匿状態とされる。
LiNKERとは
聖遺物の力と人体を繋ぐための制御薬。ある程度の資質(適合係数)さえあれば常人であっても、その適合係数を無理矢理引き上げて適合者へと即席させる効果がある。
アウフヴァッヘン波形とは
聖遺物あるいは聖遺物の欠片が歌の力によって起動する際に発するエネルギーの特殊な波形パターン。
適合者がシンフォギアを身にまとうたびにも発せられている。
ガングニールとは
立花響が身にまとう聖遺物ガングニールのシンフォギア。初代装者は天羽奏である。
マリア・カデンツァヴナ・イヴも黒いガングニールを身にまとっている。
天羽奏とは
ボーカルユニット「ツヴァイウィング」の一人でガングニールの初代装者。ライブ会場で響をかばいノイズとの戦闘中に絶唱を発動しその命を燃やし尽くした。
ネフシュタインの鎧とは
日本政府がかつて保持していた聖遺物の一つ。能力は定かではないが、鞭状の武装と飛行能力が確認されており現在はフィーネが所有している。
武装組織フィーネとは
マリアをはじめ調・切歌が所属する武装組織。ノイズを操り、世界に領土の割譲を要求するなどその行いは世界に衝撃を与えた。先史文明期の巫女フィーネとの関係性は謎に包まれている。